『 手根幹開放術 』

             『 手根幹開放術 』
                               2017/03/28

 リウマチの治療中、手指の痺れがひどくなり、2016年5月19日神経伝導速度検査を受け
て手根幹症候群と診断されました。手指の痺れは左手がひどく手術の説明を受けましたが、
マッサージや鍼灸治療をして何とか我慢して過ごしてきました。
 診察日に医師の勧めがあり、痺れと痛みも限界を感じたので手術を行う事になりました。
血液による諸検査があり、当日、血圧と体温の測定をして、説明を受け3階にある手術室に
案内され、9時30分手根幹開放術が始まりました。
 正中神経が、手首にある手根幹トンネルで、横手根靭帯に圧迫されて起る病状なので、
横手根靭帯を切開して圧迫を取り除き、神経の伝導を正常にする手術なのです。
 右手に抗生物質の点滴と血圧測定を行いながら、左手上腕部を圧迫止血し、局所麻酔を
して手術を行うのです。医師2名と看護師2名で施行されました。本人に見えないように視界
を遮断されましたので、圧迫による痺れと僅かに感じられる痛みで、手術の様子を想像する
ばかりでした。約1時間で手術は無事終了した事を知らされました。
 日帰り可能の手術なので、明後日3/30診察の予約を受け内服薬の処方箋を受取り、病院
のシャトルバスで京阪守口市駅まで帰ってきました。 手術の結果はまだ判りませんが、耐
えがたい痺れと痛みから解放されることを期待しているのです。
90歳を過ぎても生きている限り、日々の生活が健康でありたいと願うばかりです。


『 雛人形 』

              『 雛 人 形 』
                             2017/03/01
 
今年も春を迎え「お雛様」を飾りました。妹からの贈り物、木目込人形のお雛様
は優雅な姿です。毎年飾っていますが、形見となって久しくなりました。

IMG_3322_convert_20170228152802.jpg
壁掛け型の「つまみ絵のお雛様」は2012年に同じ10階の大久保様から頂いた
もので、毎年大切に飾っているのです。
短い間ですが、狭い玄関に雪洞の灯りをともした積りで眺めています。
4人姉妹でしたが、長女の私と末っ子の妹の二人だけが残りました。

ゆうゆうの里では3階食堂に立派な雛飾りが毎年私たちの目を楽しませてくれます。
雛祭りの行事も計画されている事でしょう。桃の節句は春の儀式ですから。
東大寺二月堂のお水取りが終ると春が訪れます。
花だよりが待ち遠しい今日この頃です。


『 チューリップ 』

              『 チューリップ 』
                             2017/02/28

IMG_3313_convert_20170228152635.jpg
咲いた 咲いた チューリップの花が ♪ 並んだ 並んだ 赤 白 黄色 ♪
うめきたガーデン「真冬のチューリップ祭」2月10日から開催中なのです。

IMG_3291_convert_20170228152427.jpg
春の花なのに、寒さの中に約2万株のアイスチューリップがガーデンを彩ります。
今日はお天気が良いので出掛けました。うめきたガーデンは3月20日までです。
チューリップのほかにも可愛いお花畑がありました。

IMG_3297_convert_20170228152534.jpg
春らしい菜の花の黄色は素敵です。

IMG_3282_convert_20170228152319.jpg
2016年10月7日オープンでしたので14日に7,500㎡の敷地に10万株以上の
花畑を観に行きました。色とりどりの花々が咲き誇っていました。
コスモスの季節で秋風に揺れている可憐な秋桜の花を愛でることができました。

IMG_3279_convert_20170228152220.jpg
お花畑は寒さを乗り切って美しい姿を見せてくれました。
そして最後はチューリップが華やかに幕を閉じるのでしょうか?

春とは名のみで、まだ寒い日が訪れるようです。ビルの建ち並ぶ大阪駅の北側
に出現した庭園の花々に、訪れた人々は癒されるのです。
もっともっと続いて欲しいと願いながらチューリップに思いを残し「うめきたガーデン」
を後にしました。


『 相 棒 』

                『 相 棒  』 
                             2017/02/22
 テレビ朝日に登場した「相棒」は2000年6月3日「コンビ誕生」で始まりました。
現在も続いている、このドラマの秘密は、脚本、演出、俳優の三つの才能により
生み出された「相棒」の世界観。サスペンスのストーリー展開。キャラクタードラマ
の面白さ。一話完結のストーリーづくりの面白さが、視聴者を虜にしたのではない
でしょうか。かくいう私も完全に虜になってしまったのですから。
と私は2012年にブログに書きました。

 本日「相棒・劇場版Ⅳ」をイオンシネマ大日に観に行きました。久しぶりにテレビ
とは異なる、映画館の大きな画面にストーリーと共に圧倒されました。
「相棒」のファンとして、最初からテレビも映画も欠かさず観ているのですが、俳優
・水谷豊扮する杉下右京の、身のこなしが柔軟なことには驚くばかりでした。
私の好きな刑事ドラマ「相棒」が何時までも続いて欲しいと願ってやみません。


『 特急アジア号 』

               『 特急アジア号 』
                                 2017/02/20

Asia7_convert_20170220120530.jpg
 満鉄(南満洲鉄道㈱)が誇る流線型のブルーの特急列車に再会する機会は、
1986年7月に訪れたのです。私は満洲で生まれ1945年終戦により始めて祖国
日本に引揚げてきました。
 生きる為に働き定年を迎える頃、漸く故郷満洲を訪れる事が出来たのでした。
生れ故郷撫順市、女学校生活を送った奉天市(瀋陽)を40年以上前の記憶を辿
りながら妹と歩きました。建物は昔の儘の古びた佇まいでした。

Asia4_convert_20170220120434.jpg
「瀋陽鉄路蒸気機関車陳列館」があると言うので、満鉄が誇った在りし日の列車
に会いに行きました。「春は南から杏の花で、冬は北から氷柱で知らす」と歌われ
た南満本線は、満洲を南北に貫く広軌鉄道でした。流線型のアジア号が満洲の
広野を走っていた姿を彷彿させながら観に行きました。

Asia1_convert_20170220120318.jpg
 陳列館と言うので大きな建物の中にあると思ったのに、露天のレールの上に雨
ざらしなので驚きました。参観料金を徴収していました。アジア号以外の蒸気機関
車も展示されていましたが、長い年月此の儘露天で展示するのでしょうか。
70年以上経過しているのですから現在はどのような姿になっているのかと想像する
ばかりです。幻のように消えた満洲国は私にとって故郷なのです。老いてもレールの
上で、かつての美しいブルーの流線型を保っている「特急アジア号」でありますように
と願ってやみません。現在の新幹線のモデルなのですから。


プロフィール

靖子ママ

Author:靖子ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

東光寺の日々

LEVEL1 FX-BLOG
ブロとも一覧

東光寺の日々

LEVEL1 FX-BLOG
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プラグインアルバムー1
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR