イエスと空海・著者

IMG_0392_convert_20130122200137.jpg
          
               『イエスと空海・著者』
                               2013/01/22
 「イエスと空海・不二の世界」 著者・ペテロ・バーケルマンス(Peter Baekelmans)
神父が出版記念と挨拶のため1月8日ベルギーを出発・成田着、18日成田出発帰国予定。
との連絡を受けたのは、私のHappy birthday “skype”の時だった。
 在日10日間はハード・スケジュールだと推測された。関西では出版社、東光寺、高野山関係
と目白押しに違いないと判ってはいたが、今回が最後になるような予感があって、会いたいと
願っていた。故国を離れ両親を失い、異国で暮らすカトリック教会の宣教師であるペテロさんに
会ったのが東光寺であり、宗教を越えた友情は20年近く続いた。
私は、失った母親の代わりになれる事があれば嬉しいと思い、ペテロさんは年老いた母親を労る
ように、肉親よりも思いやりのある優しさで、接してくれたからこそ続いた友情であったと思っている。
任地の変わる度に訪れた土地で、沢山の思い出を私にくれた。
 今回の挨拶が終わればベルギーでの勤めがあり、日本を訪れる機会は無くなるだろう。
日々に老いて行く私には時間がないことを、ひしひしと感じるから是非とも会いたかった。
 
IMG_0378_convert_20130122195601.jpg

「12日朝11時京都駅で会いましょう。」と電話があり出会いが実現した。妹のベラさんと
一緒に「二条城・観光」に行く事になった。ベラさんが二の丸御殿の「うぐいす張りの廊下」
に関心があるとの事なので決まった。二の丸御殿を見学し、庭園をめぐり、清流園の茶室・
和楽庵でお抹茶を一服した。広い庭園は手入れが行き届いて美しかった。ふらつく私を二人が
交代で支えて歩いてくれた。しっかり捕まって安心して歩き、京都に嬉しい思い出を残す事が出来た。
IMG_0389_convert_20130122200029.jpg

IMG_0387_convert_20130122195732.jpg


京都駅に戻り地下食堂街でベラさんの好みの「にぎり寿司定食」でランチを楽しんだ。
駅で土産物を買って居るとき、私の手提げが無いのにペテロさんが気付き、食事場所に戻り見つける
事が出来た。忘れ物をした事さえ思い出せぬ私は、自信喪失したのだった。
 
東光寺での講演会の約束時間に、辛うじて間に合う近鉄特急に飛び乗った二人に、別れの言葉が出て
こない私でした。そして涙もろくなったのは歳のせいだと思う事にしました。
国や人種の違いを感じたことは有りませんでしたが、別れはことのほか悲しいものです。
ベラさんが覚えている数少ない日本語で 「ありがとう!」 「さようなら!」を……

短い日本滞在のスケジュールを無事にこなして、目的を達成してベルギーに帰国されたことでしょう。
「イエスと空海」の立派な著書を記念に残して。“著者に祝福を”……

コメントの投稿

非公開コメント

イエスと空海

イエスと空海を手にしたお陰で、またバイブルを手にして読み直したりしています。といっても書物のバイブルではなく、iPhoneやKindleにダウンロードして読んでいます。バイブルは文語訳の古い本(この訳が一番好きです)から、新訳のもの、含めて3冊もっていますが、書棚にしまったままです。本ならではということもありますが、Kindleなどを携帯すると、いままで読もうともしなかった、江戸川乱歩なんかも勢いで読んだりしました。イエスと空海も持ち歩けるpdfになれば有り難いですね。そのためには自炊しなくては駄目ですね。
プロフィール

靖子ママ

Author:靖子ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

東光寺の日々

LEVEL1 FX-BLOG
ブロとも一覧

東光寺の日々

LEVEL1 FX-BLOG
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プラグインアルバムー1
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR