ゆうゆう誌No.193 ( 2012 / 9月号)


ゆうゆうひろば(読者のページ)に投稿しました。


岡本弥太詩集
 
 この詩集は、高知県文教協会から(昭和38年5月1日)に刊行されましたが、現在では入手できない貴重な詩集です。日本未来派同人であり、奈良県桜井市にある「真言宗・磐余山・東光寺」の御住職である山内宥厳師が、大切にして居られるこの詩集を、今日では岡本弥太の名前を知る人もまれであり、詩の読者には、触れる機会がないと想像されるので、多くの人に読んでもらうことを目的に入力して「東光寺」のホームページに掲載されました。

岡本弥太は1899年(明治32年)に生まれた土佐の近代詩確立の中心的詩人で、20歳頃より詩を書き始め、同人誌の発行、中央詩誌への作品発表、高知新聞詩壇の選者など県内の代表的詩人として活躍。生前唯一の詩集「瀧」が国内詩壇に高い評価を受け、一躍その名前を知られる。生涯高い詩精神を貫き、人生の深奥に迫る深い思索と、緊張感のある格調の高い詩を書いた。

1942年(昭和17年)に死去されています。彼の生地、高知県香美郡岸本町月見山麓に「岡本弥太の詩碑」が昭和23年(1948年)7月17日に建立されました。設計は弥太旧知の彫刻家、島村治文氏。書は高村光太郎氏。詩は「白牡丹図」を選びました。

 白い牡丹の花を
 捧げるもの
 剣を差して急ぐもの
 
 日の光青くはてなく
 このみちを
 たれもかへらぬ

詳細については「東光寺のホームページ」
岡本弥太関連のリンクをご覧ください。
http://www.begin.or.jp/ytokoji/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

靖子ママ

Author:靖子ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

東光寺の日々

LEVEL1 FX-BLOG
ブロとも一覧

東光寺の日々

LEVEL1 FX-BLOG
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プラグインアルバムー1
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR