『 秋 の 京 都 』

                   『 秋の京都 』
                                     2015/11/26

 秋と言えば紅葉に染められた京都。そんな事を思って居たら嬉しい誘いがありました。
京都市美術館で「フェルメールとレンブラント展」が10月24日から開催されているので見
に行きませんか?との電話だった。7月と9月にルーヴル美術館展・マグリット展を見に
行ってからは京都に出かけていないので、楽しみにして11月26日に出かけたのでした。

IMG_2653_convert_20151127182824.jpg
小雨降る京都市美術館は17世紀オランダ黄金時代の巨匠たちというテーマで
60点の絵画がオランダとアメリカから出展されていました。

スキャン0001_convert_20151127183802
ポスターにはフェルメールの「水差しを持つ女」の絵がメトロポリタン美術館から
出展されているのが掲載されていました。

スキャン0002_convert_20151127183937
レンブラントの絵は「ベローナ」だけでレンブラント派の画家の絵が集められていた。

スキャン0003_convert_20151127184017
オランダの風景画に描かれた空の色彩は美しかった。17世紀の風俗、風景、
肖像画を60点鑑賞したが、数が少ないので時間は余り掛からなかった。

待望の紅葉は今年の気候が異常だったため、鮮やかで美しい紅葉が望めない
結果になったと京都の人々の声が聞かれたが、観光客は多く、何処へ行っても
大変な人出だった。祇園四条を歩きながら、誘ってくれた詩人の岩堀さんと相談して

IMG_2655_convert_20151127182955.jpg
作陶家・河井寛次郎記念館を訪れる事に決った。東山区五条坂に、河井寛次郎氏が日本
各地の民家を参考に、独自の構想のもとに設計し、昭和12年(1937)に建築されたものです。

1890年 (明治23年)8月24日、島根県安来町に生れる。
1926年 柳宗悦・浜田庄司らとともに「日本民芸美術館」設立を発願、
1929年 3年間の沈黙を破り、日常の用途に充てた作品を発表、画期的大転換。
1937年 「鉄辰砂草花丸文壺」パリ万国博にてグランプリ受賞。
1944年 この頃戦争の為殆ど窯立たず専ら文筆に没頭。1950年木彫を始める。
1957年 「白地草花絵扁壷」ミラノ・トリエンナーレ展にてグランプリ受賞。
1961年 大原美術館が富本・リーチ・浜田・河井の四人の作品を常陳する陶器館を開館。
雑誌「民芸」に「六十年前の今」を連載開始、59回に及ぶ。
1966年 (76歳)11月18日永眠。

IMG_2666_convert_20151127183317.jpg
2階建の館内は広く、作品陳列室、茶室、陶房、素焼窯、登り窯などがあり、

IMG_2658_convert_20151127183050.jpg

IMG_2660_convert_20151127183150.jpg
中庭は広く、2階は居間、書斎になっていました。78年を経た建築、調度品、

IMG_2664_convert_20151127183232.jpg
作品、蒐集品から受ける美しさ、素晴しさに感動しました。河井寛次郎氏の
人柄が伝わってくる思いがしました。
秋の京都に相応しい、作陶家に触れる事の出来た心温まる一日でした。



『 誕生パーティ 』

              『 誕 生 パ ー テ ィ 』
                             2015/11/11

 大阪ゆうゆうの里に住いして21年目の誕生会です。 11月生まれの入居者は
少ないとのことですが、参加者4人、職員は、木村施設長と共に4人、計8人の
誕生会となりました。

IMG_2649_convert_20151111143130.jpg
「Petit Party」で淋しかった年もありましたが、今年は職員の方の交代もあり、
なごやかなパーティでした。昨年に引き続き、食事サービス課長の心遣いで、
今年は霜降り牛ロースしゃぶしゃぶを小鍋でいただき、

IMG_2651_convert_20151111143254.jpg
目の前でお好みのにぎり寿司を握って下さるサービスがあり、若い時ならお代りも
辞さないだろうと思いながら、隣席の職員と久しぶりの再会で話に花を咲かせました。
今年も司会やウェーター・ウェートレスの役目を、生活サービス課職員がされている
事が、申し訳ない思いでした。家族に代って誕生日を祝って下さる心遣いは嬉しい
ことです。老人ホームでの一人暮らしの中でHappy Birthday Party は楽しみの一つ
です。今年も無事に年を重ねることができて感謝です。有難うございました。


『 Happy Birthday 』

               『 Happy Birthday 』
                                2015/11/10

 外出もしないで部屋に閉じこもって居たら宅急便が届いた。誕生日の祝い品だった。

IMG_2643_convert_20151110205155.jpg
神奈川県の甥たちから、そしてカナダに留学中の由佳さんから、プリザーブドフラワー
とお菓子などが美しい包装で目をたのしませてくれる。

IMG_2638_convert_20151110205101.jpg
Facebook &mailで親しい人々から、優しい祝福のメッセージがおくられてきて、
嬉しくて涙ぐむ。

IMG_2644_convert_20151110205239.jpg
午後8時10分電話があって「Skype しましょう」とローマからペテロさんの声。
Skypeが繋がって、Happy Birthday の祝福の言葉が聞こえてきました。
89歳ですか?長生きですね。家族に長生きの人いますか?と質問された。
そうです父は92歳だったことを思い出して答えた。
ローマは昼時、気温は日本と余り変わらない。お抹茶の道具を並べて見せてくれる。
お菓子はクッキーで一服。広い修道院の庭から犬の吠える声が聞こえている。

IMG_2647_convert_20151110205314.jpg
新しく購入したスマートフォンを見せてくださいました。
お昼の休み時間に電話でお祝いのSkypeをして下さったとの事でした。
お別れの時間となり、ローマのアドレスをメールで知らせて頂くようお願いして終了。

心優しい人々からの祝福の言葉を受けて、生きていて良かったと思うことしきりでした。



『 文禄堤 茶味』

               『 文禄堤 茶味 』
                              2015/11/02

 京阪電車守口市駅の北側に文禄堤があり、そこに今年5月に和食の店が開店
したことを知らせてくれた人が居た。外出が減り部屋に閉じこもりの生活が続いて
いるこの頃、身体の痛みに耐えかね、長い間なじみの楽健法をして頂くことになり、
京都市から来て頂いた。若い人から元気を貰い楽健法で痛みが少しずつ和らいだ
ので、気になって居た和食の店を探しに出かける気分になり、守口市駅の向う側の
坂を上って文禄堤に出た。ネットで検索して場所は見当がついていたので、同行して
くれた人と開店時間に訪れる事ができました。
IMG_2637_convert_20151102153059.jpg
テーブル席は予約済みとのことで、カウンター席に案内された。
新しい店内は明るく、ゆったりした間取りで、全店禁煙なのが嬉しい。
IMG_2626_convert_20151102152457.jpg
昼は11:30~14:00まで。夜は17:30~21:00まで。おまかせ料理2種類となっていた。
カウンターの奥は板場で、若い夫婦が手際よく調理をしていて、助手が2人、お運びの
若い女性が座席にサービスをしていました。
IMG_2628_convert_20151102152541.jpg
 先付けは卯の花炒り、お刺身、ふぐのから揚げ、煮物と出し巻き盛り合わせ、
IMG_2630_convert_20151102152622.jpg
炊き込みご飯、赤だし、香のもの。いずれも手の込んだ料理で、味も佳し、
IMG_2633_convert_20151102152944.jpg
IMG_2635_convert_20151102153022.jpg
焼物の器が凝っている。食後は栗ようかん、お薄。のコースでした。
予約が多いようで、これほど混んでいるとは思いませんでした。近くにこんな
店が出来たことは嬉しいかぎりでした。

プロフィール

靖子ママ

Author:靖子ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

東光寺の日々

LEVEL1 FX-BLOG
ブロとも一覧

東光寺の日々

LEVEL1 FX-BLOG
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プラグインアルバムー1
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR