『 季節の花鉢によせて 』

『季節の花鉢によせて』
2013/07/26

 東北3県の「季節の花鉢」6ヵ月頒布会の案内は「カタログハウス」から届きました。
2度にわたる震度6強の揺れで、ハウス内のほとんどの鉢が落下、電気や水道が止まり、
大部分の花が枯れて終ったそうです。残った鉢を救おうと、夜も寝ずに頑張って、ようやく
本格的に出荷出来そうな状態になり、
「昨秋に続き、追加販売できることになりました。まだ震災の傷跡が残る東北地方では、
増産は容易ではなかったのですが、これもひとえに生産者さんたちの努力の賜です。
ぜひ色とりどりの花鉢を通じて、徐々にとはいえ着実に進んでいる復興を感じてください。
花鉢を通じて支援していただくことが、生産者たちにとって何よりの応援メッセージになります。」
カタログハウスと第一園芸(株)の共同名義の美しいカラー写真の案内状でした。
震災の状況もつぶさに記載されていました。
「通販生活」誌上ではなく、別途に計画された頒布会でした。
私は胸を突かれた思いでした。積極的に震災復興の支援をして居なかったのですから。
さっそく申し込みをして、限定数1,200セットに間に合いました。

IMG_0783_convert_20130509225421.jpg


第1回は、岩手県・一関市の畠山浩さんから、イングリッシュ・ラベンダーの鉢が05/08
配達されました。素敵なインテリアのバスケットカバーが付いていました。プレゼントとして
可愛いラベンダーポプリが2コ同封されていて、良い香りが漂ってきました。栽培スケジュール
には育て方が丁寧に書かれていました。

IMG_1361_convert_20130707192600.jpg


第2回は6/29にイポメア(宿根アサガオ)が福島県・東白川郡縞町のふじ花園・藤田政則さん
から届きました。朝開いた青紫色の花はピンクから桃紫色に変化して夕刻まで咲いて、生育
旺盛で毎日美しい花を見せてくれます。今日は11輪などと毎日の開花を楽しみます。

IMG_1457_convert_20130720142545.jpg


第3回は7/20にセロシア ダークカラカス(野鶏頭)が福島県・東白川郡矢祭町のFUJITA農園・
藤田玄夫さんから到着しました。藤田さんからのメッセージ「空に向かって真上に咲く、赤紫の花。
派手さはないけれど、長く長く咲き続けます。復興へ希望の花となる様、大切に心を込めて育てました。」
栽培スケジュールの通りに大切に育てましょう。

第4回8月は「秋明菊」、第5回9月は「リンドウシャインブルーアシロ」、第6回10月は「アッサム匂い桜」
が送られて参ります。東北三県に思いを馳せて、復興を願いつつ生産者の皆さんに応援のメッセージを
送りましょう。

『 セロシア ダークカラカス (野鶏頭) 』

『 セロシア ダークカラカス(野鶏頭) 』
2013/07/20

 「東北3県の季節の花鉢」頒布会第3回目、福島県・東白川郡矢祭町の
「FUJITA農園」藤田玄夫さんから「セロシア ダークカラカス」の鉢が到着しました。

藤田さんからのメッセージ「空に向かって真上に咲く、赤紫の花。派手さはないけれど、
長く長く咲き続けます。復興へ希望の花となる様、大切に心を込めて育てました。」

5~11月頃まで咲き、属名の「セロシア」はギリシャ語の「ケロス」が語源で、「燃えた」
や「焦げた」という意味を持ち、炎のような花を咲かせることに由来すると言われています。
和名では「野鶏頭」と呼ばれます。同じ仲間に「ケイトウ」という、鶏のトサカの様な花を
咲かせる種類があるためです。日本には古来、中国から朝鮮半島を経由して伝わってきたと
言われ、万葉集にも登場します。

1,200セット限定、6ヶ月頒布なので、楽しみは続きます。第4回8月は「秋明菊」が送られて
くることになっています。

さっそく応援メッセージを送りました。

IMG_1457_convert_20130720142545.jpg


『 イ ポ メ ア 日 記 No.3 』

『 イポメア日記 No.3 』
2013/07/18

7月8日 今朝も8輪、今日はブログのアップと「ゆうゆう誌投稿原稿」
作成などで、終日部屋で過ごす。35℃を超える暑さに花も葉も元気
なく萎れているので水をたっぷりかける。

   IMG_1380_convert_20130718194301.jpg         IMG_1388_convert_20130718194426.jpg

7月9日 今朝は6輪の花、毎日沢山の蕾をつけては次々に開く。高い
ところから水をかけると、葉がぬれて滴がしたたる。買い物に出かけた
が今日も厳しい暑さ。

7月10日 今朝は5輪、「ゆうゆう誌」には「東北3県の季節の花鉢」を
投稿する。別途「輝ニュース」にも同じテーマで原稿を書く。
花鉢を育てて下さった生産者さんに感謝しきり。

    IMG_1395_convert_20130718194552.jpg        IMG_1397_convert_20130718194708.jpg

7月11日 今朝は4輪開く。蕾の数が減ってきた。宿根草の地下茎は
強いのだろうか。葉も茂るが蔓が勢いよくのびる。毎日何度も花鉢を
眺めると目の疲れがとれる。

7月12日 今朝は2輪、猛暑だが南画美術館に企画展を見に行く。
帰途百日紅の街路樹を撮影する。夕方水やりの際に蕾が少なく
なっていることに気付く。

     IMG_1404_convert_20130718194819.jpg        IMG_1424_convert_20130718194933.jpg

7月13日 今朝は2輪、昨日の外出で疲れが残り、終日部屋で過ごす。

7月14日 今朝も2輪、蕾の存在が葉がくれに見えるが、葉は生き生き
と元気なので安心。

     IMG_1427_convert_20130718195042.jpg        IMG_1430_convert_20130718195147.jpg

7月15日 今朝は1輪、ひっそりと開いていた。今日は「うら盆会」今日は
気温が少し下がった模様。京都・祇園祭は宵々山を迎えたと、テレビで
山鉾が映っていた。

7月16日 今朝は1輪、もう蕾が見当たらない。寺方提灯踊りの賑わいが
夜遅くまで聞こえてきた。暑さで萎れていたが水をたっぷり与えると甦った。

     IMG_1433_convert_20130718195254.jpg        IMG_1438_convert_20130718195357.jpg

7月17日 花は終わった。緑の生き生きした葉と、絡みつく蔓の伸びは
元気を与えてくれる。お疲れ様の水をたっぷり与えて枯れた葉があれば
取り除き、毎日観察しながら日記はいつまで続くことになるのだろう。

『 百 日 紅 』


『 百 日 紅 』

2013/07/12

 守口市現代南画美術館からの帰途、守口市民体育館前で紅色の美しい花が
目に入った。それは街路樹の百日紅でした。去年この並木道の可愛い花を見つ
けて、去りし日の光景を思い出して、しばし佇み花を愛でながら撮影したことでした。

IMG_1416_convert_20130712175942.jpg

今年も無事に美しい花を咲かせてくれた街路樹に感謝しながら、今年の花を
撮影しました。猛暑が続くこの日頃ですが、暑さにめげず、夏から秋にかけて
咲き続ける百日紅の花です。
これから暫く会えるのを楽しみに、暑さを乗り切りましょう。

IMG_1421_convert_20130712180037.jpg

『南画美術館・所蔵名品展』


         『南画美術館・所蔵名品展』

                            2013/07/12

 「守口市現代南画美術館」より企画展案内が送られてきました。
連日猛暑日が続いているけれど出かけました。美術館の周囲にある桜並木
の緑の葉が美しく、風に大きく揺れていました。

IMG_1406_convert_20130712175649.jpg

IMG_1409_convert_20130712175833.jpg

IMG_1408_convert_20130712175742.jpg

今回の企画展は、パート1が8/2まで、パート2が8/3から9/29までとのことです。
1階は「守口をたずねて」と題した展示があり、近くの風景画が沢山ありました。
難宗寺の大銀杏、文禄堤、鶴見緑地の乗馬苑など親しみを覚える作品でした。

2階には大作が展示されていて、見事な作品を見ることができました。
直原玉青氏の「龍昇天」「海門更月」をゆっくり鑑賞することが出来ました。
いつ訪れても、落ち着いて時間をかけて鑑賞できるので、私の好きな美術館です。

『 兵 庫 県 立 美 術 館 』

『 兵 庫 県 立 美 術 館 』
 
2013/07/07

「奇跡のクラーク・コレクション展」は6月8日から9月1日までなので、まだ大丈夫
と楽観していたが、ゆっくりしては居られない事態となり、体調が良いので急遽
出かけた。

東京・三菱一号館美術館で2月から5月まで、その後兵庫県立美術館で巡回展
は終了です。アメリカ北東部のマサチューセッツ州ウィリアムズタウンに位置する
クラーク美術館は、ルネサンス時代から19世紀末に至る西洋美術の、幅広いコレ
クションを誇る世界有数の施設です。コレクションの主となる部分は、創設者であ
るクラーク夫妻によって収集されました。
とりわけ気に入っていたルノワールの作品は30点以上です。

IMG_1374_convert_20130707192928.jpg

2011年に始まった巡回展は世界各国で開催され、入場者数は累計で100万
人を超えています。世界が注目するコレクションの精髄73点は、殆どが日本
初公開作品で、ルノワールの作品22点をはじめ、コロー、ミレー、マネ、ドガ、
ピサロ、モネら、印象派およびその前後の時代の巨匠たちが描いた作品の
本展覧会とのことです。モネのサン=タドレスの道が私は好きだった。

IMG_1377_convert_20130707193139.jpg

ルノワールの「アルジェリアの衣装を着てアラブの家を舞台に、鳥を持つフルー
リー嬢」は「奇跡のクラーク・コレクション展」のパンフレットの表紙を飾っている。
柔らかい質感のある光で画面を満たしている。
ルノワール特有の描き方は見事だと思った。

IMG_1363_convert_20130707192649.jpg

日曜日のためか大変な人出だった。真夏日で、阪神岩屋駅から美術館まで
の往復は暑さがこたえたが、良い絵をみる機会を得る事が出来て幸せだった。

『 イ ポ メ ア 日 記 No.2 』

         『 イポメア日記 No.2 』

                            2013/07/07

7月5日 朝開いた花を数えます。今朝は4輪でした。撮影して出かけました。
今日は病院での診察予約が9時30分なので急ぎ、水だけは忘れず与えました。

IMG_1349_convert_20130707192108.jpg


7月6日 今朝も4輪、風が吹くと薄い花びらが破れそうにそよぎました。
夕方色が変わったのを撮影して、お休みなさいと水をたっぷり与えました。
今日は楽健法の友人が来られましたので、綺麗な花を見て頂きました。

IMG_1356_convert_20130707192258.jpg

IMG_1358_convert_20130707192351.jpg


7月7日 今朝はなんと11輪も花が開いていました。鉢を回して花が沢山見える
場所で撮影しました。今日は体調が良いので思いきって兵庫県立美術館に
クラーク・コレクション展を見に行きました。疲れて帰宅したら桃紫の花が迎え
てくれて幸せでした。

IMG_1361_convert_20130707192600.jpg

IMG_1366_convert_20130707192833.jpg

『 イ ポ メ ア 日 記 』

『 イポメア日記 』

2013/07/04

 6月29日到着した鉢植は「東北3県震災復興支援」第2回目の季節の花鉢です。
開花の様子を観察して日記を書くことにしました。「朝顔日記」では有名な浄瑠璃
と間違われるので「イポメア日記」にしましょう。

IMG_1300_convert_20130630160257.jpg


6月30日 生き生きとした緑の葉の間にあった蕾が1輪、青紫色の花を開きました。

IMG_1309_convert_20130704161223.jpg


7月1日 朝3輪の花が開いていました。お水をたっぷり朝夕2回与えました。

IMG_1315_convert_20130704161350.jpg

IMG_1320_convert_20130704161436.jpg


7月2日 今朝も3輪開花しました。昨日の花柄をそっと取り除きました。花色も
青紫からピンク・桃紫へと変化して夕方まで咲き続けました。

IMG_1326_convert_20130704161609.jpg

IMG_1333_convert_20130704161651.jpg


7月3日 今朝も新しい花が3輪咲いていました。夕方の桃紫色への変化も
撮影しました。夕方、激しい風雨があり、鉢を壁際に寄せました。

IMG_1339_convert_20130704161814.jpg


7月4日 今朝は葉陰や反対側にも全部で7輪も開花していました。どちら側
から撮影しても7輪一緒には撮れませんでした。
夕方には激しい雨が降る予報なので心配です。

プロフィール

靖子ママ

Author:靖子ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

東光寺の日々

LEVEL1 FX-BLOG
ブロとも一覧

東光寺の日々

LEVEL1 FX-BLOG
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プラグインアルバムー1
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR