相  棒

IMG_0268_convert_20120928172949.jpg

                   
                    相  棒 
                                2012/09/28

テレビ朝日・土曜ワイド劇場に登場した「相棒」は2000年6月3日「コンビ誕生」で始まりました。
12年を過ぎた現在も続いている、このドラマの秘密は何だろう。
脚本家、演出家、俳優の三つの才能により生み出された「相棒」の世界観。サスペンスのスト
ーリー展開。キャラクタードラマの面白さ。一話完結のストーリーづくりの面白さが、視聴者を虜
にしたのではないでしょうか。かくいう私も完全に虜になってしまったのですから。
テレビも映画(劇場版)も欠かさず見て、ノベライズされた文庫本もすべて読んだのです。
甥の嫁とメールの交信で「相棒」のファンとして意見が一致、文庫本は読み終わるとすぐに送り
ました。俳優・水谷豊扮する杉下右京が定年になったら、どうなるだろう等とたわいない話題も
メールで話し合いました。いつまでも続いて欲しいドラマです。
水谷豊は好きな俳優ですが、98才の詩人柴田トヨさんが、詩集「くじけないで」を発刊され、読
みました。好きな俳優の一人として選び、好きなテレビ番組の一つに「相棒」を選んで居るのを
知り、我が意を得たりと、思わず嬉しくなったものです。水谷豊(杉下右京)の相棒役が次々と
代りますが、それなりに面白く私の好きな刑事ドラマなのです。これからも新しい若い相棒との
事件の展開を期待して、次のseasonを待ちかねている私です。

IMG_0271_convert_20120928173115.jpg

守口市現代南画美術館

IMG_0240_convert_20120921132611.jpg


            守口市現代南画美術館
                            2012/09/22

 「中国人作家特別展」9月19日~9月30日の企画展案内が送られてきました。
この度は期間が短いので、早めに出かけることにしました。残暑も終わり秋め
いて参りましたので外出も苦にならなくなりました。今日は秋分の日です。
住まいから歩いて20分足らずの距離にある、大宮公園に隣接する美術館の外
観は近代的で、桜並木があり、開花の時期は花見が楽しめます。花水木もあり、
赤い可愛い実をつけていました。外壁に沿って「松尾芭蕉の像」と「句碑」が
あり、「芭蕉像」は学者が東京から尋ねて来られた由緒あるものとの事です。
「句碑」は松尾芭蕉を讃え、俳人・直原玉青画伯が詠んだ句「先賢も不易流行
句画の秋」の書があるのです。
 今回の企画展は京都市美術館で開催された第8回日中美術交流合同展の
作品のうち、中国人作家が描いた作品50点を展示するというものです。
期待して美術館の玄関に到着した処「日本人作家特別展」に変更の案内あり。
これは尖閣諸島問題の影響で中国の反日デモが解決しない為の処置との事
でした。芸術の交流も妨げられて居る現状は、まだ暫く解決する様子はありま
せん。日中関係の急速な悪化は、悲しい限りです。
 予定通り「日本南画院・会長 町田泰宣氏のギャラリートーク」が10時30分
より行われ、テーマは「日本人作家の展示50点の説明」で、いずれも見ごたえ
のある南画でした。好みは人それぞれですが、心打たれる絵画の前には暫く
佇み堪能しました。
 平成8年(1996)に開館した現代南画を専門に収蔵・展示する日本で唯一の
美術館です。季節に応じて、様々な展覧会を開催し、南画以外のジャンルの
企画展も開催しております。
次回の企画展は「現代南画協会展」10月2日(火)~10月19日(金)の予定です。
守口市には、こんな近くに素晴らしい美術館があることを知って下さい。
快適な環境の場で、ゆったりした展示室の、美術作品を観賞できる贅沢に感謝
しきりでした。

IMG_0233_convert_20120921132751.jpg

警 告

           『 警 告 』
                       2012/09/10

 パソコンの画面に「プリンターインク残量の警告メッセージ」が現れた。
インクは、メーカーにインターネットで注文出来るのだが、動けなくなる
までは店頭で買物をすることに決めている。
 以前は日本橋の電気店街に出かけていたが、最近は「ヨドバシカメラ」
の品揃えが豊富なので梅田に行くようになった。外出の機会も少なくなり、
運動不足の状態が続いて居るので、「警告」はインクだけでなく、私の体
に対しても「警告」だと受けとめた。
 梅田は2011年5月から大阪駅が「大阪ステーションシティ」としてオープン
して1年が過ぎた。北の端に在るヨドバシカメラで買物をして、南の端に在る
大丸まで歩き、東急ハンズで浄水器用カートリッジを購入、休む間もなしに
JR環状線・京阪電車を乗り継いで帰って来たら、6000歩近くも歩いていた。
残暑が続き、節電のため冷房も効かず、汗みずくになって帰宅して足も腰も
弱って居ることを実感した。 そろそろ遠足などしなければと思いながら、
秋の気配を待ちわびている今日この頃の私です。

IMG_0266_convert_20120910152707.jpg

IMG_0261_convert_20120910152445.jpg
 

百 日 紅

IMG_0254_convert_20120906191126.jpg
              『 百 日 紅 』
                              2012/09/06

 守口市民体育館前から大枝公園に向かう道路の街路樹は、紅色の小花が満開の百日紅の
並木道です。残暑厳しいこの頃ですが、高木とまで行かない若い木は美しい花を一生懸命
に咲かせています。近くなのに見落してしまう並木道を、手の届きそうな枝に群がり咲い
ている花を愛でながら撮影しました。空の青さもきれいです。

 8月には終戦の日の遠い記憶が甦ります。中国、山東省・青島市(チンタオ シ)で迎え
ましたが、状況が判断出来ず不安の日々でした。“青島方面海軍根拠地隊と軍港”があり
ましたので、日本への引揚船も、青島港(チンタオ コウ)から出航する事になりました。
在留邦人居留民団から情報が伝えられて来るのですが、恐ろしくて落着かない毎日でした。
海水浴場や公園に近い場所に住んで居り、公園には百日紅の花が咲いていました。
空も海もきれいな青で、百日紅の紅色が目にしみるようだったのが印象的でした。
アメリカのLST(上陸用舟艇)が引揚船だと知らされ、家族が身一つで、乗船する日が決
まるまでの間は、まだ見ぬ祖国日本への思いだけで生きて居りました。

 祖国日本で、百日紅の可愛い花を見つけて、去りし日の思い出が甦ったのです。
日本では、各地で無残に剪定された、街路樹の姿を見かけましたので、心配です。
どうぞ、この街路樹を切ったりしないで、大切に育てて下さいと、心からの願いです。

IMG_0258_convert_20120906191325.jpg

続きを読む

吃 冬 瓜

               『 吃 冬 瓜 』
                          2012/09/05

 旬の食材を探しに京阪百貨店の地下、野菜売場に出かけるのは、自炊の為の楽しみです。
冬瓜の綺麗な緑が目に入り、今日はこれに決めようと、新生姜も買いました。
私は冬瓜を食べる機会が無いまま、過ぎてきましたが、ある日新聞の料理メモ欄をみて、
興味を覚えたのです。冬瓜はスープ、あんかけ、スープ煮など中国風料理が、合わせる材料
と、だし、味付け、スパイスの追加で美味しくなる野菜だと知りました。

以前斑鳩で冬瓜の実った畠道を通り、関心を持ちましたが、私の献立にのることはありませ
んでした。私にとって「冬瓜」とは、中国の小話の印象が強かったようです。
「中国語カルチャースクール」のテキストにあった「吃冬瓜( チー・トングア と発音 )
“冬瓜を食べる” 」という小話を思い出すのです。

『内容は、ある人が息子の為に家庭教師の先生を頼みましたが、先生の食事は毎日冬瓜ばかり
でした。先生はたまりかねて「冬瓜ばかりで他には食べるものは無いのですか」と尋ねると
主人は「でも冬瓜を食べると目に良いのですよ。遠くでもはっきり見えるようになります。」
と答えました。ある日主人が先生の部屋に行くと、先生は窓から遠くを眺めていました。
そして振り返って言いました。「ご覧なさい、街では演劇をしていますが、素晴らしい眺め
ではありませんか!」主人は不思議に思い「何故あなたは遠い街中で行われている演劇が見
えるのですか?」と問いました。先生は「あなたの処であんなに沢山の冬瓜を食べて、私の
目は遠くが見えるようになったのでしょう」と嫌みを言ったのです。「あれだけ食べれば、
遠くが見えないはずが無いではありませんか?」と。 』

馴染みのなかった冬瓜が、季節の野菜としてデパートの売場を賑わすと、美味しい調理法を
考え、賞味してみたいと思いついたのです。“ 吃 冬瓜 ”も楽しからずやと。
                              
IMG_0248_convert_20120905152650.jpg
プロフィール

靖子ママ

Author:靖子ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

東光寺の日々

LEVEL1 FX-BLOG
ブロとも一覧

東光寺の日々

LEVEL1 FX-BLOG
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プラグインアルバムー1
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR